読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水富美加主演アニメ、NHK・BSPで2週連続放送

 女優の清水富美加が主演するNHKBSプレミアムのアニメ『龍の歯医者』が今週18日と25日の2週連続(後8:00~8:45)で放送される。

『龍の歯医者』メインキャラクターと場面カット

 同作は、映像監督・庵野秀明氏が代表を務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーション。清水は、声優初挑戦にして、主人公・岸井野ノ子を務める。キャスティング発表の際には「アニメーション作品で主演を務める、というのは、私にとって初めての大役になります。ドラマや映画などとまったく違うどんな演技ができるのか、『期待6割&不安4割』というところですが、へこたれずに臨みたいです」とコメントを寄せていた。

 監督は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズを手掛ける鶴巻和哉氏、原作・脚本は三島由紀夫賞作家の舞城王太郎氏、さらに『文豪ストレイドッグス』などの榎戸洋司氏が加わっている。キャラクターデザインは井関修一氏、制作統括・音響監督を庵野氏が務めた。主題歌は小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」を、少女コーラス・グループ「Mistera Feo(ミステラ フェオ)」のRINKUがカバーする。

 物語の舞台は“龍の国”。主人公は、国の守護神“龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。少年の名はベル。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。激しい戦いに巻き込まれながら、2人はやがて自らの運命を受け入れて行く…冒険ファンタジー。

 清水のほかに、ベルことベルナール・オクタビアス役に岡本信彦、「龍の歯医者」を務めてきた野ノ子の先輩・悟堂ヨ世夫役に山寺宏一、悟堂に次ぐベテラン歯医者の夏目柴名役に林原めぐみらが声の出演をする。

 後編の放送前には、同チャンネルでスタッフ・キャストが出演する『今からでも間に合う! 龍の歯医者 放送直前(生)SP』(25日 第1部 後7:30~8:00、第2部 後8:45~9:00)を生放送。前編を振り返りながらアニメをパブリックビューイングで盛り上げる。